遺産分割協議とは

遺産分割協議とは遺言がない場合は相続人間で話し合って、遺産分割をします。 この協議を遺産分割協議と言い、話し合いで合意に達すれば遺産分割協議書を作成します。被相続人の遺言書がない場合には必要となります。なお。協議を行う上で気を付けるべき点として3点のことが挙げられます。

  1. 相続人の全員が参加すること。
  2. すべての財産を対象にすること
  3. 遺産をどのように分割するのかを話し合った結果を書面に残しておくこと。(遺産分割協議書の作成)

相続人である者を無視した分割協議は、後日その者が相続人であることが判明すると無効になります。それゆえ、最初の段階で、だれが相続人であるかをしっかり調査する必要があります。

また、ここで遺産の一部が協議の対象とされないまま合意に至った場合は、後から見つかった遺産について協議をしなおさないといけなくなりますし、場合によっては、遺産分割協議全体が錯誤無効となるリスクもないとはいえません。それゆえ、遺産の範囲の調査も重要です。

なお、③書面の作成はなくても民法上は協議は成立するのですが、実際問題として、書面にしておかないと争われかねないし、不動産の登記や株式・預貯金などの名義変更においては遺産分割協議書などの書面が不可欠ですので、必ず作るべきです。この際、実印で押印してもらい、印鑑証明も添付してもらうべきです。なぜなら、不動産の登記変更にはそれらが必要だからです。

遺産分割の協議は相続人が顔を合わせながら行うのが通常ですが、書面や持ち回りでもできます。また、代理人弁護士に依頼することもでき、その場合は、ご本人様は他の相続人とやり取りをする必要はありません。

なお、遺産分割協議においては期限が設けられているわけでもないので、遺産相続が開始されればどのタイミングでもスタートできます。しかし、手続きによっては期限があるため、その点は注意が必要です。

例えば、相続税は相続開始日より10か月以内と定められていて、それまでに分割が終わって小規模宅地特例を使えると有利になることもあるなどメリットもありますので(小規模宅地特例は一定の手続きを踏めばそれまでに分割が終わらなくても使える場合があります)、早期の対応が最良の遺産分割協議ともいえるでしょう。

さて、遺産分割協議ですが上記で述べたように協議は相続人全員の意思の合致によって成立するため、多数決では成立しません。それゆえ、なかなか成立しない事案も多いです。

なお、未成年者がいる場合は代理人をつけて行なう必要がありますが、その際には利益相反に成らないように注意が必要です。すなわち、親権者が共同相続人の場合には、利益相反となるため、未成年者に特別代理人を就けないといけません。

遺産分割協議 関連ページ

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク onclick= 問い合わせバナー