遺産分割協議を弁護士に依頼するメリット

1 遺産分割協議を弁護士に依頼すべきかお考えの方へ

遺産分割協議を弁護士に依頼すべきか悩む場合としては、

  1. 既に協議をしているが揉めている。
  2. まだ揉めていない(又は協議自体していない)が、今後揉める可能性がある。

の2つが考えられます。

 

2 ①の場合

①の場合には、遺産分割協議が揉めている以上、当事者のみで話し合いを続けることは難しく、第三者を介在させることが解決に必要な場合が多いです。

この場合に、弁護士に依頼すると、弁護士から、全相続人に対し、法律上相当な遺産分割方法を提案することで、他の相続人が納得し、合意に至る可能性があります。

また、他の相続人が納得せず合意に至らない場合には、裁判手続(調停・審判)を申請することになりますが、この場合でも、弁護士が代理人として裁判所に適正な遺産分割を請求することが可能です。

①の場合に弁護士に依頼するメリットは、もちろん弁護士が介在することで紛争を解決に導く点にありますが、最大のメリットは、弁護士が法律上相当な方法を提示し、裁判手続きまで行うことから、依頼者が他の相続人との間で直接やり取り(交渉・裁判ともに)を行う必要がなくなることが挙げられます。

 

3 ②の場合

②の場合には、まだ揉めていない以上、弁護士に依頼するメリットはないようにも思えます。しかし、協議を始めていない理由として、時間や手間がかかるということをあげる方も多いです。その点、弁護士にご依頼いただければ、弁護士が交渉を行なうため、手間を省くことができます。

遺産の調査、相続人の範囲や各相続人の所在の調査、などの調査を経て実際に交渉を行なって、合意に至り、遺産分割協議書を作成するということには大きな労力が必要ですので、ぜひ弁護士にお任せいただければ、と思います。

特に、ご依頼者様にとっては、直接、相手方と交渉しなくてよくなるという点で、精神的・時間的な負担が軽減されるということは大きなメリットといえるでしょう。

また、相続人の中に連絡が取れない人がいるような場合も弁護士は対応が可能です。

 

4 まとめ

以上のように、既に揉めている・まだ揉めていないにかかわらず、遺産分割協議を弁護士に依頼するメリットがある場合が多いです。弁護士に依頼すべきか悩んでいる場合には、一度ご相談されることをお勧めします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー