3ヶ月を超えた相続放棄をしたい方へ

(相続放棄の期限)

相続放棄とは、相続人が被相続人の一切の相続財産を放棄することをさします。手続きとしては家庭裁判所に相続放棄の申立を行い、受理されることで、相続放棄が効力を発して、負債を支払わずに済むということとなります。

しかし、相続放棄には期限が設けられており、相続を知ってから、3か月以内となります。この、3か月を過ぎると、相続するということを認めたとみなされ、相続放棄は原則的には認められません。

 

(3か月を超えてしまった相続放棄に関して)

上記で述べたように、相続放棄には相続の開始を知ってから、3か月以内に行うことが原則としてあります。ですが、相続財産の調査を行うことに加え、その結果相続放棄を行うこととして、いざ申立となると、なかなか時間的に厳しいケースも少なくありませえん。

こうしたこともありますが、相続放棄の申述には、3か月後でも例外的に認めてもらえるケースが実はあるのです。

例えば、被相続人の生前の状況からまったく財産がなかったと考えられ信じていた場合であり、このこと自体を相続人が信じることに正当な理由があった場合などです(昭和59年4月27日最高裁判決参照)。

この判例にぴったり当てはまらなくても、類似の場合で放棄が認められた場合もあります。この点については多くの下級審判例がありますので、具体的なケースについてはご相談いただきたいと思います。

こうした、特別な事情があることが客観的にわかる場合、相続人が相続放棄を行うことができる期間は相続財産(例えば債務)の存在に気付いた時から数えることになり、それから3ヶ月以内であれば放棄が認められることが期待できます。

ただし、これは、あくまでやむをえない事情がある場合について救済のために判例で発展してきた理論であり、特別な扱いであることを忘れてはいけません。

また、特別な場合であっても、債務の存在など相続が生じたことを知った場合(例えば請求書が来て、はじめて自分が相続すべきものがあることを知ったとき)はその時点から3ヶ月以内に行なわないといけません。それを経過すれば、認められなくなってしまいます。

そのため、相続放棄を検討されている方は、早めに相続放棄の手続きを検討いただくことが最善策だと考えられます。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク onclick= 問い合わせバナー