遺産分割

【コラム】弁護士に遺産分割の交渉を依頼するメリット

遺産分割とは? 遺産分割とは、複数の相続人がいるときに、不動産や預貯金などの遺産を相続人間で分けることを言います。その方法としては、遺言による指定がない場合は、交渉、調停、審判、があります。ここでは、交渉での遺産分割について弁護士に依頼するメリットについて…

使い込み事案で「カルテ」が重要なわけ

使い込み事案とカルテ 遺産を相続人の一人に使い込まれたという相談をよく受けます。たいていは、正確には遺産というより遺産になるはずだった資産を被相続人の生前に推定相続人であった親族の一人に使われてしまった、という話です。この場合、被相続人が健在の時期に被相続…

具体的相続分を決める手順

具体的相続分を決める手順 法定相続分について 遺産分割においては、法定相続分というものが定められています。これは各相続人の権利を定めたものであり、合意の上でこれと異なる割合で分けることはかまいませんが、合意に至らなかった場合には、裁判所は法定相続分を元に具…

【コラム】相続ついてどこに相談したらいいか?

 相続については、弁護士、税理士、司法書士、など様々な相談先があり、どこに相談してよいかわからない、という方もおられると思います。そこで、どういう場合にどの職種の専門家に相談すればいいのか、わかりやすく解説しようと思います。   1、 弁護士に相談するのは…

【コラム】「事前にもらった遺産を戻すように」求められたとき

「事前にもらった遺産を戻すように」求められたとき 他の相続人から、事前にもらった遺産を戻すように求められることがあります。これには、二通りの場合があると思われます。 1、特別受益の主張 遺産分割の際の計算において、先にもらったものがある場合は、その分の遺産…

【コラム】調停でもまとまらない場合

【コラム】調停でもまとまらない場合 遺産分割についての調停がまとまらない場合は、自動的に審判に移行します。 家事事件審判法に、別表第二事件として、調停が(合意に至らずに)終了した場合は、審判の申立てがあったものとみなす旨、規定されているからです。 この場合…

【コラム】審判が出たら

【コラム】審判が出たら 遺産分割の調停が審判に移行し(あるいは最初から審判を申し立ててそのまま審判が進み)、審判が出された場合、どうなるのでしょうか? まず、後述するように即時抗告という手続きがあり、これを期限内に行えば、まだ確定はしません。 一方、期限内…

【コラム】相続人の中に行方不明の人がいる場合

【コラム】相続人の中に行方不明の人がいる場合 相続人の中に行方不明の人がいる場合、遺産分割はどのようにすればよいでしょうか? 話し合いで決めようとすると、全員の一致が必要なので、一人行方不明の人がいると、解決できないようにも思えます。 しかし、法律上、方法…

【コラム】遺産分割の調停

【コラム】遺産分割の調停 交渉がうまくいかない場合は 遺産分割について、話し合いでまとまらない場合、調停を申し立てるのが一般的です。 いきなり審判を申し立てることもできなくもないですが、審判を申し立てても調停に付される可能性が高いので、ほとんどの場合は、ま…

【コラム】遺産の評価の基準時(遺産分割)

【コラム】遺産の評価の基準時(遺産分割) 遺産の評価の時点 遺産分割の際に資産はいつの時点を基準に評価するべきでしょうか? つまり、土地や建物などの不動産は価格が変動します。土地は経済情勢などで値段が上下しますし、建物は基本的に経年とともに価格が下がってい…

トップへ戻る

ホーム 問い合わせバナー 本店電話番号リンク