その他

【コラム】寄与分が認められる類型

1, 寄与分とは 寄与分とは、相続人の中に被相続人の財産の維持や増加に特別の寄与をした者がいたときに、その者の相続分を増やす制度です(民法904条の2)。相続人間の公平を確保するための制度であり、具体的には、遺産総額から寄与分をまず差し引き、その分は寄与者…

【コラム】相続が起きる前に相談しても良いですか?

1, 相続の相談をするタイミングについて 相続について、どのタイミングで相談するのが良いでしょうか? 多いのは、被相続人が亡くなってから、他の相続人と協議して、意見が合わず、行き詰った段階で初めて弁護士に相談するというケースだと思います。 あるいは、遺産分…

【コラム】子供がいない夫婦の相続

被相続人(亡くなった方)に配偶者と子供がいる場合、配偶者と子が相続人となります。では、子がいない場合はどうなるでしょうか? 配偶者が全部相続するのでしょうか? この記事では、この点について解説します。 (なお、この記事では遺言書はない前提です) 子供がいな…

【コラム】代襲相続と数次相続の違い

代襲相続とは  代襲相続とは、本来相続人になるべき者が相続開始時に既に死亡していた場合に、一代後の相続人が相続することを言います。例えば、被相続人の子が既に死亡していた時に、その子、つまり、被相続人の孫が相続人になります。もし、孫も亡くなっていて、ひ孫は健…

【コラム】事業者の相続・・個人の場合と法人の場合

事業者の相続の問題  事業をしている人が亡くなると、事業に大きな影響を及ぼす恐れがあります。すなわち、法人であれば代表者が不在になる、個人事業だと判断を下すだけではなく権利義務の帰属主体である人がいなくなる、わけですから、いずれにせよ事業に関する権利義務関…

【コラム】相続人の中に認知症で判断力がない人がいた場合

遺産分割には全員の合意が必要 相続人の中に認知症で判断力がない人がいた場合、どうすればよいでしょうか? 遺産分割は相続人全員の合意がないと行えないので、そのままでは進めることができません。 成年後見 判断力がない人がいる場合、成年後見人を付けることが考えら…

【コラム】高齢の親の財産の管理について

親が高齢になり、預貯金や株式などの財産の管理が不安だという方は多いと思います。そのような場合、どうすればよいのでしょうか? まず、今の時点では判断力に特に問題がない場合には、将来に備えて任意後見を検討してみると良いでしょう。 一方、現時点で判断力の低下がみ…

【コラム】具体的相続分の決め方

今日は、相続に関する基本的なお話をさせて頂きます。 遺産を残した方を被相続人、相続する側を相続人と言いますが、被相続人が亡くなった時にどのように遺産を分ければ良いかわからずに悩んでおられる方も多いと思います。そこで、今日は、基本的なところを解説させて頂きま…

【コラム】特別受益の基準時

特別受益があった場合の相続分の計算方法 特別受益があった場合、その分を持ち戻して計算するのが原則です。すなわち、相続人の誰かがもらっている分があったとしても、その分はいったん戻して計算し(遺産に含めて計算)、当該相続人はその分の遺産を先にもらっていると考え…

トップへ戻る

ホーム 問い合わせバナー 本店電話番号リンク