寄与分

寄与分とは

 被相続人を献身的に介護していたり、事業を手伝って財産を増やすことに貢献した人が、他の人と同じだけしかもらえないなら、不公平だという考え方が一般的だと思います。それを民法は寄与分という形で定めました。

すなわち、民法904条の2は、「共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から共同相続人の協議で定めたその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなし、第九百条から第九百二条までの規定により算定した相続分に寄与分を加えた額をもってその者の相続分とする」と定めています。

簡単に言うと、「被相続人の事業に対して働いたり出資したり協力したり、あるいは、被相続人の療養看護などにより」「被相続人の財産を維持したり、増やしたりしていた場合は」「その人が、遺産からその分を先にもらい、残りを法定相続分で分ける」ということです。

特別の寄与と扶養義務

ただし、法律上は、「特別の寄与」という文言になっています。そして、一定の範囲の親族(親子など)には扶養義務があります。したがって、同居して食事をつくっていた、という程度だと、扶養義務の範囲内だとされ、「特別の寄与」とは認められない可能性が高いと思われます。

一方、専門の介護有資格者に来てもらう必要があるような重度の要介護の状態にあったのを長く面倒を見ていた、被相続人の事業を長期にわたり手伝い売り上げの維持に貢献した、などの場合には、認められる可能性が高くなります。

財産の維持または増加

 また、財産の維持または増加に貢献したことも必要なので、被相続人の精神的な支えになっていたというような形での寄与は、それがどのように財産の維持や増加に結び付いたかを立証できないと認められない可能性が高いといえます。また、財産の維持や増加に貢献した場合でも、その金額を算出する必要があります。例えば、介護を行うことでヘルパーさんを呼ばなくて済み、いくら節約できた、とか、家業を手伝っていた時期にこれだけの利益がありそのうち当該相続人の貢献はこれだけである、というような計算です。

寄与分を定める調停・審判

 調停においては、遺産分割の調停とは別に寄与分を定める調停を行なうことができます。審判の場合は、寄与分を定める審判を経ないと裁判所は寄与分の存在を認めることができません。それゆえ、審判で寄与分を主張したい場合は寄与分を定める審判を申し立てる必要があります。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク onclick= 問い合わせバナー