遺言無効確認訴訟

遺言無効確認訴訟とは、どのような訴訟でしょうか?

これは、文字通り、遺言が無効であることの確認を求める訴訟です。例えば、自筆証書遺言の形式を満たしていないとか、遺言が書かれた時点で遺言能力がなかったとか、あるいは、遺言が偽造であり被相続人が書いたものではない、など、様々な理由で遺言の有効性を争う際に提起されるものです。通常、遺言の内容に不満を持つ相続人により提起されます。

 もし、遺言無効確認訴訟で原告の請求が認容されると、遺言は無効ということになり、判決が確定すれば、遺言の無効を前提に遺産分割手続きが行われることになります。すなわち、有効な遺言書はないことになりますので、交渉や遺産分割の調停等で解決が図られることになります。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク onclick= 問い合わせバナー