財産の調査が必要な理由と調査で把握すべき財産

財産の調査が必要な理由と調査で把握すべき財産遺産分割においては、すべての財産を包括的に承継することになります。それゆえ、財産の全貌を明らかにしておかないと、思わぬ損害を受けたり、得られるべきものを得られずに損をしてしまう恐れがあります。

また、遺産分割協議を行なう際に一部の財産が抜けていると、それについては別途協議しないといけなくなり、手間がかかってしまいます。それゆえ、遺産分割をする前に、必ずすべての財産について調査をしておく必要があります。

調査においては

  • 預貯金
  • 現金
  • 不動産
  • 保険
  • 自動車

などさまざまな財産について調査をする必要があります。

不動産については登記簿を見る、名寄せ帳を調べてみる、預貯金については口座を持っていたと思われる金融機関に問い合わせを行なう、などの方法で調査を行なうことができます。

不動産については、被相続人にゆかりがあるところについては、名寄せ帳を確認するなどして調べるとよいでしょう。預貯金は金融機関の通帳があればわかりやすいのですが、最近はオンラインバンキングなどで通帳がないこともあり、調査がむつかしくなる恐れもあります。

もし、被相続人の電子メールを開けるのであれば、電子メールには利用していた金融機関からのメールが来ている場合もあり、そういったものを元に金融機関に問い合わせるという方法も考えられます。もちろん、顧客宛の郵便物などから判明することもあります。

なお、特に不動産においては被相続人が以前に相続をした際にも登記の変更が行なわれておらず、被相続人の被相続人(例えば今回の相続人からみて祖父など)やそれ以前の人の名義になっている場合もあるので、見落とさないようにしましょう。

また、忘れてはいけないのが借金の問題です。借金も相続放棄しない限りは相続人に法定相続分に応じて相続されるのが原則です(ただ、住宅ローンについては多くの場合保険で完済されるようになっているようです)。借金のほうが多くなりそうな場合は、相続放棄も検討するとよいでしょう(ただし、期間に制限があり、また、財産の一部を処分してしまうとできなくなってしまいます)。

債務については、金融機関からの借入の場合は信用情報機関を利用して調査する方法も考えられます。個人からの借り入れについてはわかりにくいですが、例えば、被相続人が受け取っていた手紙などをよく調べてみるとよいでしょう。

いずれにせよ、相続財産の全貌を把握しておかないと、相続人にとってどういう権利を得てどういう義務を負うことになるのかがわからないですから、そういう意味で、財産の調査は重要です。

なお、相続税の納税義務を負う場合は、申告・納税の観点からも相続財産の把握が重要です。

相続財産の調査にも、弁護士は協力できますので、まずはご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー